“DRM不要論”は一種の牽制?――ジョブズ発言の真意を探る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 168
広告1 レスポンシブ

 『“DRM不要論”は一種の牽制?――ジョブズ発言の真意を探る』という記事より。

 しかし根本的な話をしてしまえば、もともとDRMは完全にレコード会社側の都合でコンテンツに適用されているもの。アップルにしてみれば、レコード会社の要請があったからDRMを付けてるだけで「そもそもDRMなんてやりたくなかった」ということが本音としてはあるだろう。

 ネット配信音楽の独占的な地位を築いたAppleですが、iTunes Storeの成功から著作権保護に対してのスタンスを明確にしてきています。
 現在のiPodではiTunes Storeで購入した音楽はそのiPodでしか聴けないという弊害があります。著作権保護の観点から言えばそれで問題はないのですが、ユーザの立場から考えると、自分が買った音楽が他のMP3プレイヤーで聴けないというのは、納得しがたいものがあります。
 その問題を解決するのがDRM不要論なのですが、スティーブ・ジョブズの真意はどこにあるのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存