ニコン、IEEE 802.11b/gに準拠した720万画素デジカメ「COOLPIX S50c」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

 『ニコン、IEEE 802.11b/gに準拠した720万画素デジカメ「COOLPIX S50c」』という記事より。

 COOLPIX S50cは、IEEE 802.11b/gに準拠した無線LAN機能を搭載したデジタルカメラ。同社のオンラインサービス「COOLPIX CONNECT(クールピクスコネクト)」に対応しており、自宅の無線LANアクセスポイントのほか、日本テレコムの「BBモバイルポイント」や、NTTコミュニケーションズの「HOTSPOT」などの公衆無線LANサービス経由で、PCを介さずに撮影画像のアップロードが行なえる。


nikon01s.jpg

 デジカメといえば中にフラッシュメモリのカードが入っていて、カードを抜いてパソコンに繋げたカードリーダーで読み込ませるものが当たり前だと思っていたのですが、最近のデジタルカメラは無線LANに参加できるんですね。知りませんでした。
 無線LANも一般化してきて、HOTSPOTなんかも街の中にたくさんできてきていますから、パソコンの周辺機器も、これからはドンドン無線で接続するのが当たり前になるのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存