フォントを大きくしてもきれいに表示できる“DPIスケール”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

 『フォントを大きくしてもきれいに表示できる“DPIスケール”』という記事より。

 高解像度でWindowsを利用する際、文字やアイコンなどが小さく表示されてしまい、使いづらいことがある。そんな時に役立つのがDPIスケールだ。フォントやアイコン、ツールバーのボタンなどを大きく表示できる。Windows XPではフォントサイズを大きくしても、アイコンやボタンなどのサイズは変わらなかった点が、Vistaでは改善されている。


34_vi2_800x640.jpg

 Windows Vistaでは画面表示の機能が大幅に改良されましたが、フォントの見やすさも大幅に改善されました。
 Windows XPでは「大きなフォント」を使用すると、ダイアログのボタン等のバランスが崩れてしまい、いまいちな感じがしていましたが、Windows Vistaではボタン等もフォントに合わせて大きくなるので使いやすくなったと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存