Linuxはコアコンピタンスだがそれを切り売りする時代ではない–ターボリナックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

 『Linuxはコアコンピタンスだがそれを切り売りする時代ではない–ターボリナックス』という記事より。

 そこで考えたのが、常時携帯する理由があり、さらにLinuxがブートできる仕組み。そこで生まれたのが、携帯マルティメディアプレーヤーとLinux OSを組み合わせたwizpyだった。
 矢野氏は、「自分専用のOSを持ち歩くというコンセプトを“PC 2.0”と呼んで広めていきたいと思っています。これこそ新しいPCの使い方だと思っています。最終的には、すべてのユーザーが新しいコンピューティングの方法としてwizpyを持ち歩いてくれるといいなと思っています」と話す。


Linuxはコアコンピタンスだがそれを切り売りする時代ではない--ターボリナックス



 wizpyという携帯型MP3プレーヤーにOSを入れ、そこからUSB接続でパソコンを起動するという新しい考え方を提唱しているターボリナックスですが、現在他者ベンダーに依存するビジネスモデルからの脱却を試みているようです。
 確かに自前で環境を整えたほうが何か変更があった時に、融通がききやすくなる利点もあります。
 wizpyという新しい試みに今後も期待したいです。

■関連エントリ
Linux環境を携帯できるiPod風デバイス (キタミテレビ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存