Microsoftのアップデートに不具合、CPU使用率が100%近くに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

 『Microsoftのアップデートに不具合、CPU使用率が100%近くに』という記事より。

 Microsoftの自動更新機能を使ったアップデート適用に関して不具合が指摘されている。SANS Internet Storm Centerは、Microsoftの月例パッチを適用後、「svchost.exe」によってCPUが99%消費されてしまうという報告が、複数の読者から寄せられたと伝えている。


Microsoftのアップデートに不具合、CPU使用率が100%近くに



 マイクロソフトのWindows Updateに不具合が起きているみたいですね。
 CPUの使用率が100%になってしまい、プログラムが終了しない状態になってしまうとか。
 マイクロソフトのサイトにはこの問題の解決方法が載っており、この通りにやれば無事にアップデートできるようです。

■外部関連リンク

▽Microsoft Update または Windows Update が終了しない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存