原因は処理能力オーバー 「フレッツ」「ひかり電話」大規模障害

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

 『原因は処理能力オーバー 「フレッツ」「ひかり電話」大規模障害』という記事より。

 NTT東日本は5月16日、ネット接続サービス「フレッツ」とIP電話「ひかり電話」が前日夕から約7時間にわたって一部で利用できない状態になっていた問題で、原因はルータの処理能力オーバーだったと発表した。


原因は処理能力オーバー 「フレッツ」「ひかり電話」大規模障害



 昨日の夕方にネットを見てた時に私も遭遇しました。
 急に繋がらなくなり、ルーターの電源を入れ直したりケーブルをさし直したり色々してみたんですけど直らず。
 しょうがないので夕食をとってお風呂に入って午後9時過ぎにネットに繋いでもだめ。
 ルーターの説明書を探しているうちにルーターの表示が正常に戻ったため、ネットに繋いでみると無事接続。
 私が住んでいるところでは、午後9時20分くらいになおりました。

■外部関連リンク

NTT東のフレッツ大規模障害が復旧。14都道県の約239万契約に影響


 今回の障害は、5月15日18時44分頃に、東京23区、神奈川、千葉、埼玉を除く14都道県で発生したもので、Bフレッツ/フレッツ・ADSL/フレッツ・ISDNなどのアクセス系サービスと、Bフレッツ回線を利用したIP電話サービス「ひかり電話」が利用できない状況となっていた。また、ひかり電話においては緊急呼応も行なえなかった。


livedoor ニュース – NTT東日本のフレッツシリーズでネット接続の大規模障害発生

フレッツ・ISDN、フレッツ・ADSL、Bフレッツ、Mフレッツ、フレッツ・スポットにおいて5月15日(火) 18:44から16日(水)の午前1時35分まで延々とネットに接続できず、「ひかり電話」も利用できない状態になったようです。しかも110や119もできないという非常事態に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存