現代「あだ名」事情 「太陽にほえろ!」式は衰退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 168
広告1 レスポンシブ

 『現代「あだ名」事情 「太陽にほえろ!」式は衰退』という記事より。

 赤シヤツ、野だいこ、山嵐…。おなじみ夏目漱石の『坊っちゃん』に登場するあだ名だ。あだ名は人間関係を親密にする効果があるが、若者の間で近年消えつつあると感じ、調査を続ける研究者がいる。一方で、「ビジネスネーム」として取り入れて積極的に活用している企業も。あだ名の現状を探った。


現代「あだ名」事情 「太陽にほえろ!」式は衰退



 仕事上だけのニックネームという「ビジネスネーム」というのがあるのだそうです。
 ビジネスネームの利点はよくわからないですが、「本名」+「くん」「さん」では、ちょっと無機質な感じがしますね。
 呼び方をちょっとくだけた感じにしたほうが、親近感がわき、コミニュケーションを円滑にできそうです。
 これからは、ビジネスネームが流行るかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存