「CrossOver Mac 6.1」を徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

 『Mac OS XでWinアプリがサクッと動く? 「CrossOver Mac 6.1」を徹底検証 』という記事より。

 まるでWindowsアプリケーションのMac版を導入したかのようなシームレスな動作が魅力だ。しかし、そのコンセプトを額面通りに受け取ってもよいものだろうか? 検証してみた。


「CrossOver Mac 6.1」を徹底検証



 MAC OS X上で、Windowsのアプリがそのまま動くという「CrossOver Mac 6.1」。
 はたして本当に動くのだろうかというのがこの記事の趣旨です。
 実はオープンソースプロジェクト「Wine」がこのソフトのベースになっていて、商用化したのが「CrossOver」シリーズとのこと。なかなか歴史のあるプロジェクトだけに期待したいところです。
 さて、検証の結果ですが、キチンと動くアプリはそんなに多くないというのが結論のようです。安定性がネックのようで、アプリが起動してもエラーを吐き出して終了してしまうものが多い感じです。
 Intel MacでキチンとWindowsアプリを動かすならば、Boot Campを入れた方がよいようです。

▼外部関連リンク

  • CrossOver Mac 6.1 / NetJapan
  • アップル – Boot Camp

▼関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存