Windows版、Safari発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

 『アップル、SafariブラウザをWindows対応に』という記事より。

 Windows版iTunesを作成してきたAppleが米国時間6月11日、ウェブブラウザのSafariをMicrosoftのOSに対応させたと発表した。同社が発表した「Safari 3.0」のパブリックベータ版は、Windows XPとWindows Vista、Mac OS X Tigerで利用できる。


Windows版、Safari発表



 日本時間では今日早朝のWWDCでのスティーブ・ジョブズ氏の基調講演では、次期OSであるLeopardのプレゼンテーションを行っていましたが、意外なことにWindows用のSafariの発表もありました。
 当初私はWindows用のSafariを出す利点がさっぱりわからなかったのですが、6月末に発売されるiPhoneのブラウザがSafariであることから、iPhoneでのアプリを開発するためのものであるということに気がついて妙になっとくしてしまいました。
 さて、今回発表されたWindows用のSafariですが、試してみたところ、日本語のサイトがさっぱり見れないということで、もう少し完成度が上がるのを待ったほうが良さそうです。
 10月には正式版がリリースされるとのことなので、現時点での評価は差し控えようと思ってます。
 ちなみにダウロードはここからできます。

▼外部関連リンク

  • Apple – Safari 3 Public Beta
  • アップルの『Safari』、ついにWindows版が登場
  •  対応OSは、Windows Vista/XP。現在、同社のウェブページから、Windows用/Mac OS X用のパブリックβ版ソフトをダウンロード可能だ。アップルのウェブページによれば、Safariのページロード時間は、『Internet Explorer 7』の2倍、『Firefox 2』の1.6倍速いという。

  • ITmedia News:米Apple、Windows版Safariをβ公開
  •  Appleが本格的に提供するWindows向けアプリケーションとしては、QuickTime、iTunesに次ぐもの。SafariはMac OS Xではデフォルトブラウザとなっているが、全体におけるシェアは5%未満で、WebアプリケーションやWebサイトの対応では優先度が低くなりがち。 SafariのWindows版が一定のシェアを確保すれば、Safariの地位向上を狙うことが可能になる。

  • Appleが「Safari 3」英語版ベータを公開、初のWindows版も
  •  速度以外の点では、Safari 3はタブブラウジングやポップアップブロック、組み込みRSSリーダーなども搭載。Safariを初めて利用するWindowsユーザー向けに、リンクをクリックした後ですぐに元のページに戻れるスナップバック機能、ページ内で検索結果を強調してくれる機能なども搭載している。これらの機能に関しては、 AppleのSafari紹介ページにある英語版の動画で見ることもできる。

  • アップル、Windowsに対応した「Safari 3」パブリックベータ
  •  なお、今回公開されたSafariは英語版パブリックベータのため、標準環境では日本語が表示できない。アップルでは「今回はあくまで英語版ベータであり、日本語の表示は正式サポートしていない」とコメントしている。

  • 窓の杜 – 【NEWS】Apple、Mac OS X標準Webブラウザー「Safari」のWindows対応ベータ版を公開
  •  なお非公式な方法ながら、“Application Data”フォルダ以下“Apple Computer¥Safari”フォルダに作成された本ソフトの設定ファイル“WebKitPreferences.plist”をテキストエディターで開き、[WebKitCursiveFont][WebKitFantasyFont][WebKitFixedFont][WebKitSansSerifFont][WebKitSerifFont][WebKitStandardFont]の値をすべて“MS UI Gothic”に変更すると、多くのページで日本語表示が可能になることを編集部にて確認した。ただし、この方法での動作は一切保証されていないため、自己責任で試してほしい。

▼関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存