YouTube、創業者が記者会見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

 『YouTubeは米国中心から世界で展開するサービスに、創業者が記者会見』という記事より。

 グーグルは19日、YouTubeの多言語対応に関する説明会を開催した。同日にパリで開催した「Google Press Day」でこの発表が行なわれたため、パリと日本のグーグルのオフィスをビデオ会議で結び、YouTubeの共同創業者であるCEOのChad Hurley氏とCTOのSteve Chen氏らが説明と質疑応答を行なった。


YouTube、創業者が記者会見



 YouTubeの創業者の二人がパリからビデオ会議を結び記者会見ををしたそうです。
 それによると、アメリカ、ブラジル、フランス、アイルランド、イタリア、日本、オランダ、ポーランド、スペイン、イギリスの十カ国版を作ったそうです。
 著作権等はそれぞれの国にあった対応をしていくのだとのこと。
 しかし、グローバルレベルで著作権というものを見て行くのだそうです。
 また、今後は携帯電話等のモバイル版に力を入れるのが重要課題になっていることを明らかにしたそうです。

▼外部関連リンク

  • YouTube(日本語版)
  • YouTube創業者が語る日本戦略–「あらゆるデバイスに動画コンテンツを広げたい」:ニュース – CNET Japan
  • Supan氏:我々はグローバルな視聴者を抱えている。それが一つだ。そして重要なのはこれが付加価値となることだ。日本文化に対する専門知識を勉強し、今後、より日本的に仕上げていきたい。
     日本は非常に強い文化を持っている。これを他の国の文化とのクロスアプローチにも活かしていく。こういったコミュニケーション戦略は他のサービスにはできないはずだ。

  • 「YouTubeは米国から世界のサービスへ」YouTubeの共同設立者がアピール
  •  YouTubeのモバイル対応も積極的に進めていく。すでに米国向けにはYouTubeのモバイル版が提供されているが、スティーブCTOは「YouTubeのリッチなコンテンツをあらゆるデバイスに広げていきたい」とコメント。「モバイルに対応することで動画のアップロードもこれまで以上に伸びるだろう」との考えを示した上で、「モバイル対応ならではのチャレンジな部分もあり、これまでのYouTubeとの整合性を踏まえながらモバイル展開を進めていきたい」とした。

▼関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存