道の駅「どまんなかたぬま」、売上高が10億円に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ


道の駅「どまんなかたぬま」、売上高が10億円に


 『道の駅「どまんなかたぬま」 売上高、夢の10億円超え』という記事より。

 道の駅「どまんなかたぬま」(栃木県佐野市吉水町)の平成18年度の総売上高が、「夢の目標」としていた10億円を開業6年目で初めて突破したことが15日、分かった。



 道の駅というとバイクでツーリングをしている人が休憩をしているというイメージが強く、休憩用スポットという感じがするのですが、栃木県佐野市吉水町の「どまんなかたぬま」という道の駅では、年の売上げが10億円を超える超人気観光スポットなのだだそうです。
 名前が全部ひらがななので解りにくいですが、漢字で書くと「ド真ん中、田沼」となるらしく、意味は「(日本の)ど真ん中、(旧)田沼(町)」となるのだそうです。
 この道の駅には大型駐車場がある他、多目的ホール・本格中華レストラン・軽食コーナー・ジェラートコーナー・特産物販売コーナーがあるそうです。
 近くを車で通りかかる際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

▼外部関連リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存