牛のゲップも地球温暖化の要因?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ


牛のゲップも地球温暖化の要因?


 『牛のげっぷ削減、地球温暖化防止に役立つ可能性=英専門家』という記事より。

 英国を拠点とする草地環境研究所(IGER)の研究員が、牛のげっぷを減らすことが地球温暖化防止に役立つ可能性があるとの見方を示した。



 牛と地球温暖化になんの関係があるのが不思議でしたが、牛は一日に100から200リットルのメタンガスをゲップで排出するそうです。
 メタンガスは二酸化炭素の10倍から20倍の温室効果があるということで、牛のゲップも地球温暖化の一因にもなっているのですね。
 この研究員によると、牛が消化し易い飼料を開発することがカギだということです。

▼外部関連リンク

  • 気温上昇による海底のメタンガス放出、温暖化をさらに加速
  • メタンガスは、温室効果に関し、二酸化炭素に比べて21〜25倍もの悪影響があるとされている。

  • メタンガス – 環境goo
  • その次に多く排出されているのがこのメタンガスで、温室効果ガス全体の約2割を占めており、しかも、その温室効果は二酸化炭素の約10倍といわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存