植物が電話で訴える技術を開発中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ


植物が電話で訴える技術を開発中


 『「水をください」——植物が電話で訴える技術』という記事より。

 この「Botanicalls」プロジェクトは、無線ネットワーク経由でゲートウェイに信号を送る湿度センサーを土の中に設置し、ゲートウェイは植物が乾燥しすぎているか、水が多すぎる場合に電話をかけてくる。



 いまいちこの装置の仕組みがわからないのですが、植物が何かを感じ、それを送信する仕組みというわけではないようですね。
 湿度を計測し、その湿度によってメッセージを送信する仕組みのようです。
 昔からから植物には意思あると言われていますね。快適、不快等が微弱な電気信号で流れるとかという話を聞いたことがあります。
 むしろこっちのほうで植物から何かメッセージが来るような仕組みが出来上がれば凄く面白いと思いますが技術的にはまだまだなのでしょうね。

▼関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存