社会保険庁のWebサイトの利用者が急増、月間225万人に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ


社会保険庁のWebサイトの利用者が急増、月間225万人に


 『社保庁Webサイトの利用者が月間225万人に、年金記録問題で急増』という記事より。

 ネットレイティングスは19日、2007年6月度のインターネット利用動向に関する結果を公表した。それによると、年金記録問題で注目を集める社会保険庁のWebサイトの利用者数が前年同月比約5.7倍の225万人に急増、通常上位を占める国土交通省(168万人)や厚生労働省(133万人)を抜いて、官公庁のWebサイトでトップとなったことがわかった。



 7月29日の参議院議員選挙の争点にもなっている年金問題ですが、ネットの世界でも大変なことになっているようです。
 年金問題が大きく取り上げられて以来、社会保険庁のWebサイトを利用した人が6月だけの集計でも前年同月と比べて5.7倍の225万人になったそうです。
 社会保険庁のサイトには、自分の年金加入記録を確認するサービスがあり、これを利用するためのIDとパスワードが必要になります。
 現在このサービスの申し込みが殺到しており、6月のIDおよびパスワードの申請数は50万5,836件と今までにない数字だということです。
 報道を見ても直接社会保険庁を訪ねても、待たされるような気がします。そういう意味でもWebを利用する人が増えるのも納得がいきますね。

▼外部関連リンク

  • 社会保険庁:年金個人情報提供サービス(ユーザID・パスワード)
  • 社会保険庁
  • プレスリリース

▼関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存