ネット利用者ではWindows VistaよりWindows 2000のシェアが上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ


ネット利用者ではWindows VistaよりWindows 2000のシェアが上


 『ネット利用者のOS調査、Windows VistaのシェアはWindows 2000を下回る』という記事より。

 オランダのアクセス解析企業OneStat.comは25日、インターネット利用者が使用しているOSのシェアに関する調査結果を発表した。



 北米、欧州、オーストラリアの7カ国限定の調査ですが、OSごとのネット利用者は以下のような割合になったそうです。

  • Windows XP 87.36%
  • Windows 2000 3.99%
  • Windows Vista 3.23%
  • Mac OS 2.65%
  • Windows 98 1.39%
  • Windows Me 0.64%
  • Linux 0.36%

 若干ですが、VIstaより2000のほうがシェアが高いんですね。また、Windows98もまだ無視できない割合ではないでしょうか。
 オーストラリアではWindows2000よりWindows VIstaのほうがシェアが高かったそうで、4.74%もあったそうです。
 また、カナダではMac OSのシェアが7.96%だったそうです。
 文化の違いがOSのシェアの違いに結びつくのでしょうかね。

▼外部関連リンク

▼関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存