日本のインターネットのトラフィックが1テラビット目前に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

lan_2007-08-23.jpg

 『テラ目前 日本のネットトラフィック1.4倍に』という記事より。


 総務省は22日、音声や文書、画像などを含む、ネットワーク上のデータ情報通信量にあたる「トラフィック」が、今年5月の集計で、毎秒721ギガビットになったとする試算を発表した。昨年5月に比べ、約1.4倍拡大した。この増加率を維持したまま推移すると、来年5月には、毎秒1テラ(1000ギガ)ビットに達する見通しだ。



 インターネットも常時接続が当たり前のようになり、パソコンの普及も一家に一台の時代になったことにより、ネットのトラフィックも急激な増加をしているようです。
 総務省の試算では一秒当たり721ギガビットにもなったそうです。Byteになおすと一秒あたり90GBですから、CD140枚分のトラフィックになります。
 このまま行くと来年5月には1テラビット(Byteになおすと125GB)にもなるようです。
 この急激な増加の背景にはYouTubeのような動画共有サイトの普及が考えられるとのことです。

▼外部関連リンク

  • 総務省公表資料(pdf)

▼関連エントリ

▼Amazonアソシエイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存