陸上競技の「男子百メートル」で9秒6を切る事は可能か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

Athlete_2007-08-21.jpg

 『限界値は? 人類は100メートルを何秒で走れるか』という記事より。


 百メートルの現在の世界記録はパウエルが持つ9秒77。1912年の手動計測の記録10秒6を電気計測に補正した10秒84と比べると、約100年間で1・07秒縮めた計算になる。



 25日に大阪で世界陸上が開催されます。
 陸上競技の人気の種目のひとつに「男子百メートル」がありますね。
 現在の世界記録は9秒77だそうですが、人類はこの先、この記録を伸ばせるのでしょうか?
 早稲田大学人間科学学術院の鈴木秀次教授は、2050年には9秒55まで記録を伸ばせると予想しているそうです。
 シューズや地面の材質など物質的な進歩もあるでしょうが、人間の筋力の科学的な解明が進み、新しいトレーニング法の確立などの要素を満たせば9秒6を切る記録も夢ではないそうです。
 それにしても、人間の限界への挑戦ですから超人的な人が出てくる事が必須になりそうですね。

▼外部関連リンク

  • IAAF世界陸上2007大阪

▼関連エントリ

▼Amazonアソシエイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存