安倍総理、「美しい国」発言を封印か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

japan_2007-08-20.jpg

 『[美しい国]参院選後、首相口にせず…生活密着型に修正へ』という記事より。


 安倍晋三首相が参院選後、政権の看板に掲げていた「美しい国づくり」を口にしなくなった。選挙中から「何を言いたいのか分からない」などと評判が悪く、結果として自民党を惨敗に導いたためだ。



 確かに選挙に負けてから「美しい国」という言葉を安倍総理が発しているのを聞いた事がないですね。
 でも、選挙時のインタービューでは「新しい国づくりを・・・」と言っていたのは記憶にあります。
 「美しい国」という言葉もなんだかぼんやりとしたものですが、「新しい国」というのもぼんやりとしています。
 この記事によると、「美しい国」とは

  • 文化、伝統を大切にする
  • 自由な社会を基本とする
  • 未来へ向かって成長するエネルギーを持つ
  • 世界に信頼される

 というのが「美しい国」だそうです。
 全てが抽象的で説得力がありません。

 その点、小泉前総理はわかりやすかったですね。
 「構造改革無くして成長無し」「郵政民営化、賛成か、反対か」
 中身はともかくとして、解りやすいものを掲げるのがリーダーの役目であると私は思います。
 「美しい国」も「新しい国」も非常に解りづらいです。
 この辺の違いが支持率にも出てるんでしょうね。

▼関連エントリ

▼Amazonアソシエイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存