ドイツではダックスフントの出生数が激減しているそうです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

Dachshund_2007-08-20.jpg

 『【大変だ!】ダックスフント、消滅の危機?』という記事より。


 ドイツで国民的な人気を誇る犬「ダックスフント」の出生数がここ最近、急減している。過去10年間の減少率は40%近くにもなる。比較的高価であることに加え、他犬種の人気が次第に高まっていることが原因だ。



 ドイツのお話ですが、「ダックスフント」の出生数が急激に減少しているそうです。
 日本ではまだまだ人気の犬なのですが、ドイツでは「ドイツのシンボル」とまで言われたそうで、減少傾向はちょっと悲しいですね。
 元々、アナグマ猟のために用いられた種類の犬で愛くるしい容姿なのですが嗅覚に優れているそうです。
 ドイツでは、ラブラドール・レトリバーや、ジャック・ラッセル・テリア等の人気に押され気味で年々減少傾向であるとのこと。
 また、価格も高いので他の犬を購入する人が増えているのも原因の一つだということです。
 日本では非常に人気があり、出生数はドイツの三倍の約2万匹だそうです。

▼外部関連リンク

▼関連エントリ

▼Amazonアソシエイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存