腕相撲ゲーム「腕魂」で骨折事故相次ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

arm_2007-08-22.jpg

 『[腕相撲ゲーム]骨折事故相次ぎ自主回収』という記事より。


 ゲーム機メーカーのアトラスは21日、ゲームセンター向けに7月に発売した腕相撲ゲーム「腕魂(うでだましい)」で利用客の骨折事故が相次いだとして、販売済みの全150台を自主回収すると発表した。



 最初、このニュースを聞いた時に「利用客、頑張りすぎ!」と思ったのですが、三人も骨折をしているということはゲーム機の構造上の問題があるのかなと思いました。
 組み合った手を離す事ができない構造だったり、腕の倒すスピードが速すぎたりしているのかもしれませんね。
 昔、私の友人がゲームセンターのパンチングマシーンで手首を捻挫したのを思い出しました。
 こういうゲームってお酒を飲んだ後とかでもやっちゃう事がありますから、手加減しないでやることもあるんですよね。
 いずれにせよ、楽しむことが目的のゲームですからしっかり安全であることが基本ですね。

▼外部関連リンク

▼関連エントリ

▼Amazonアソシエイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存