メールの返信の「Re:」の意味は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

mobile_2007-08-29.jpg

 『携帯メールの件名で最も多いのは「Re:」-携帯メール利用時の意識調査』という記事より。


また、「あなたの受信箱 多い件名は?」という質問への回答は、「Re:(Re:が続く物、「Re2:」なども含む)」が55.3%と最も多く、続いて「元気?」「お久しぶり」などの「挨拶」(31.1%)、「空欄」(10.2%)、「絵文字」(2.3%)、「顔文字」(1.1%)が続く。



 私の携帯電話のメールの受信箱も「Re:」ばっかりです。
 そもそも携帯電話のメールは短いことしか書かないので、それに対しての件名となると考えることが面倒くさいですね。
 なので、こちらから出す場合は件名なしで送信。それに対して返信されると「Re:」となってしまいますね。
 メールが行ったり来たりすると、件名が「Re:Re:Re:Re:」なんてなっちゃいます。
 さて、この「Re:」ですが、どういう意味なんでしょうか?
 Wikipediaでは、こう解説されています。

 RE – Wikipedia

Re: – 電子メールなどの件名で、返信を示す語。responseやreplyの省略であると言われることもあるが誤りで、正しくは、ラテン語で「○○に関して」という意味の前置詞。英語でも、法学用語・商学用語としてaboutの意味で使われる。英語では「リー」または「レイ」と発音する。



 ほう、responseだと思ってました。勉強になった。

▼関連エントリ

▼楽天アフィリエイト

    赤塚不二夫「CR天才バカボン2」ミニマスコット レレレのおじさん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存