「Office 2008 for Mac」のレビュー記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

「Office 2008 for Mac」のレビュー記事

 『リポート:開発担当が語る「Office 2008 for Mac」』という記事より。


グラムの全コードを「Xcode」に書き直してのユニバーサルバイナリー化、「メイリオ」をはじめとしたWindows環境フォントの導入による互換性の向上、Macユーザーにも違和感のないユーザーインターフェースなど、数え上げればきりがないほどの魅力的な新機能を搭載している。



 来年1月16日に「Office 2008 for Mac」が発売されます。
 発売まであと一ヶ月になったわけですが、様々なニュースサイトで「Office 2008 for Mac」のリポート記事が掲載されています。

 リポート記事を読んでの私の印象ですが、「Office 2008 for Mac」はかなりMacっぽさが出されている印象を受けます。
 Microsoft Officeというとバージョンアップのたびにマイクロソフト独自の機能が追加され、新しく機能を覚えなければならないという印象があります。
 しかし、「Office 2008 for Mac」ではMacの良いところを活かした機能が多数見受けられます。
 ということはマイクロソフトにもMacユーザがいて、Macの製品にも力を入れているという証拠でもあるようです。

 発売まで後一ヶ月。完成版が待ち遠しいですね。

▼外部関連リンク

▼関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存