iPod touchのJanuary Updateはアプリ販売の実験かも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

iPod touchのJanuary Updateはアプリ販売の実験だった?

 『紙の手帖はもう要らない?ネットコミュニケーターへの進化–アップル「iPod touch January Update」』という記事より。


 今回のiPod touchのアップデートは有償だ。日本では2480円となる。有償であることを、Macworld SF 2008のキーノートのステージでSteve Jobsが発表すると、会場はしーんと静まりかえったのは記憶に新しい。しかしこの2480円は、価値あるアップデートになるのではないか、と思う。



 確かにiPod touchのアップデートでお金を取るのは少し嫌でしたね。
 お金がもったいないとかそういうのではなく、iPhoneでは標準で付いている機能に制限をかけていたのに、その制限を解除するのにお金を取るという姿勢がなんとなく腑に落ちない感じがしました。

 しかし、今後Appleから純正のアプリがリリースされ、それをインストールするにはひとつのアプリにつきいくら払うという前フリであるような気もするので何とも言えません。

 今月AppleiはPhone用のSDKをリリースする予定です。
 iPhoneやiPod touchに良質のアプリが登場すれば、PDA端末としての道も大きく開かれますし、アプリを使いたいからiPhoneやiPod touchを購入する人も出てくるのではないかと思います。

 iTunesでは曲を購入するという決済のシステムが既に確立しています。
 AppleはiTunesでアプリを売るという新しい試みを試したのかもしれません。

▼外部関連リンク

▼関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存