書評:夢をかなえるゾウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

書評:夢をかなえるゾウ

 この本のジャンルは自己啓発になるのですが、今までの自己啓発本と若干ニュアンスが異なります。


 関西弁を話すかなり変わった自称神様でゾウの「ガネーシャ」と主人公の対話形式で話が進んで行きます。

 自己啓発の内容としては目新しいものはありませんが、この本は行動を起こす事の大切さを中心に置いているようです。
 自己啓発の本を読んでも成功しないのは、それを行動に移さないからであることをガネーシャのインチキくさい関西弁が熱弁します。

 物語の流れ自体は普通の小説を読んだ方が遥かに面白いですが、自己啓発本としてはなかなか完成度は高いのではないでしょうか。
 自分の成功の秘訣を書いた自己啓発書がたくさん発売される中、新しい試みとしてこの本は一読の価値はあると思います。

▼外部関連リンク

▼関連エントリ

▼Amazonアソシエイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存