書評:ブラックペアン1988

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

書評:ブラックペアン1988

 「チーム・バチスタの栄光」の著者「海堂尊」が書いた小説。


 「チーム・バチスタの栄光」ではミステリー要素が多かったですが、この「ブラックペアン1988」ではミステリー要素は無いと言っていいでしょう。
 舞台は1988年の東城大学。「チーム・バチスタの栄光」では病院長として登場した高階医師も現役の外科医として登場します(主人公ではない)。

 医者の内面的な描写や病院の政治的なかけ引き、登場人物のバックグラウンド、その全てが詳細に描かれており、映画を見ているような錯覚にさせられます。

 著者の海堂尊は登場人物の書き分けがうまく、どの人物も魅力的で、立ち回りやセリフが非常にかっこいいですね。

 物語が後半になるにつれ、表題の「ブラックペアン」の意味がわかってくるのですが、その意味がわかった時になんとも言えない感動に似たものを味わってしまいました。

 医療の現場をここまでドラマチックに書く事ができるのは、著者が現役のお医者さんだからできるのでしょうが、小説家としての才能の高さも一級品のものであることの証明と言えるでしょう。

▼外部関連リンク

▼関連エントリ

▼Amazonアソシエイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存