2010年のApple

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

2010年のApple

 『What we can see from Apple in 2010』というエントリより。


 Rick Aristotle Munarriz of Fool.com says that he “took a trip to the future last month.“


 fool.comのリックは「先月未来旅行に行ってきた」と言った。

He took a trip to Apple and tells us what happened.


 彼は未来のAppleに行った時のことを教えてくれた。

I wish I could of travelled two years in the future with him, but nevertheless, he shared with us what he discovered:


 私は彼が見てきた二年後の未来になってくれればと願っている。

Apple’s domestic market share has doubled to 12% by 2010


 2010年のAppleの国内市場のシェアは倍増の12%になっている。

It’s called Apple Entertainment in 2010


 2010年ではAppleは「アップルエンターティメント」と呼ばれている。

Apple still easily hit its 10 million cumulative-unit sales mark by the end of 2008


 2008年の終わりには累計1000万台の販売記録を出している。

It eventually bumped the price up to $599, with an instant $200 rebate on sales tied to AT&T two-year contracts


 二年契約で200ドルのAT&Tのリベートは599ドルに高騰している。

Apple even offers a breakthrough music-subscription program


Appleの会員制音楽配信プログラムが躍進している。

Apple was able to dust itself off and team up with TiVo


AppleはTiVoと組んでいる。

Rick has some very valid points because all of this changes are things that Apple should be doing right now.


リックはとても重要な点を突いている。なぜならこれらの全ての変化はAppleがすぐにでもしなければならないことだからだ。

This may not happen, but I’m sure that Apple will pull off half of these predictions. What do you see in the future from Apple?


これらの事は実際には起こらないかもしれません。しかし、Appleはこれらの半分をやってのけるのだ。あなたは未来のAppleに何をみるだろうか?

▼外部関連リンク

▼関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存