書評:ナイチンゲールの沈黙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

書評:ナイチンゲールの沈黙

 「チーム・バチスタの栄光」を読んでから、「海堂尊」が書いた小説にハマっています。


 今まで読んだ「海堂尊」の小説を一覧にすると、

 こんな感じになります。

 本作品の「ナイチンゲールの沈黙」は海堂尊が二作目に書いた本で、「チーム・バチスタの栄光」の続編という事になっています。

 しかし、内容的にはミステリっぽさを出そうとしたあまり、海堂尊が得意とする医療問題が薄れてしまっている内容となっています。
 一連の海堂尊の作品は、現在の医療における数々の問題を物語の中に散りばめ、医療制度の矛盾点や官僚によって蔑ろにされている部分に光を当てることがテーマになっていると私は思っているのですが、この「ナイチンゲールの沈黙」は、医療の現場を舞台にした
ミステリーという感じを受けます。

 しかも、ミステリーの部分も中途半端なもので、読了後にもやもやした感じが残ってしまい、今ひとつに欠けます。

 海堂尊の小説はどれも面白くておすすめなのですが、この「ナイチンゲールの沈黙」だけは除外したほうがよさそうです。

▼外部関連リンク

▼関連エントリ

▼Amazonアソシエイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存