書評:本は10冊同時に読め!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

書評:本は10冊同時に読め!

 この本の感想をブログに載せようかどうしようか悩みましたが、せっかく読んだので書いておく事にします。


 本屋さんでタイトルに惹かれてかった本書。
 著者の成毛眞氏がマイクロソフトの日本法人の元社長であるというのを知ったのは本を買った後でした。

 サブタイトルにもあるとおり、「本を読まない人はサルである! 」というのが本書の主張で、しかも大量に本を読んでこそ人生が豊かになるとこの本で説いています。

 私も本が好きなので、この本の大まかな主張は理解できます。しかし、細かいところで成毛氏の主張に突っ込みを入れたくなりました。
 本を読むスタイルは人それぞれであり、こうでなければならないというものはないのではないかと思います。
 成毛氏曰く、ベストセラーを読んでいてはその他大勢から抜け出せないと主張しています。しかし、ベストセラーを楽しむという本の読み方もあるでしょうし、ベストセラーの中にも良書はあると私は思います。

 またハウツー本は読むなと主張していますが、言ってみればこの本もハウツー本のひとつに分類されるのではと思います。

 本全体的に高圧的で読むのをやめようかと何回か思いましたが、参考意見として読むならいいかと思い最後まで読みました。
 きつい言い方かもしれませんが、古本屋さんで10円になっていれば読んでもいいかなと思う程度の本です。

▼外部関連リンク

▼関連エントリ

▼Amazonアソシエイト

成毛 眞
三笠書房
売り上げランキング: 771
おすすめ度の平均: 4.0

4 色んな本を読み吸収したいと思っている人への朗報♪
1 買うだけ無駄な本。
3 ノウハウは意外と少なく、精神論は意外と多い
2 息が詰まる読書論
5 癖はあるけど、言っていることに一理あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存