Apple、WWDC 2008でiPhoneの開発環境を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

Apple、WWDC 2008でiPhoneの開発環境を紹介

 『アップル、OS X iPhoneの開発環境をWWDC 2008で紹介』という記事より。


 アップルは5月13日、2008年6月9日から13日まで開催する開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference」(WWDC)で、Mac OS X LeopardとOS X iPhoneの開発環境について紹介すると発表した。



 やはりというか、WWDCメインはこれしかないというか、わかりきってはいましたが、 iPhoneの開発環境について紹介するということがAppleから正式発表がありました。

 待ちに待ったという感じですが、これでiPhone SDKを使ってのアプリの制作が正式になり、様々なアプリが登場することになります。
 これでiPhoneは新しいデバイスとしてアプリが作られるわけですが、iPhoneがもっと普及するためにはキラーアプリとなるソフトが登場するかどうかがカギになりそうです。

 また、WWDCでは3G対応のiPhoneも登場すると噂されていますので、6月のWWDCが楽しみです。

▼外部関連リンク

  • Apple Developer Connection – Worldwide Developers Conference 2008

▼関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存