次期Mac OSのSnow LeopardはどのようなOSになるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

次期Mac OSのSnow LeopardはどのようなOSになるのか

 『新Mac OS X「Snow Leopard」を徹底解剖』という記事より。


 そんな新OSで、一般ユーザーのいちばんの関心は「何が便利になるのか」というところだろう。プレスリリースから判断する限り、Snow Leopardのいちばんの特徴は新機能を搭載しないという点だ。



 WWDC 2008での基調講演で次期Mac OS XがSnow Leopardだとアナウンスがありましたが、どういうOSになるのかとかいつ発売なのかというのは一切発表はありませんでした。

 Snow LeopardについてASCII.jpが徹底解剖と称しての記事がありました。
 それによると、追加機能はなく安定化とセキュリティの強化にとどまるようで、OS的にはマイナーアップデートという感じにおさまりそうだということのようです。

 しかし、OpenCLやCoreImageには期待していいらしく、ホビー用途だけでなく学術用途にもMacを利用して欲しいというAppleの姿勢が見られるとのことです。

 Windows Vistaの不振が続いている中、安定化を強化しOS Xの地盤を固める方向で次のOSが登場するのはMacユーザの私としても歓迎したいところです。

▼外部関連リンク

  • Apple – Mac OS X Leopard – Snow Leopard

▼関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存