書評:「へんな会社」のつくり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

書評:「へんな会社」のつくり方

 前から「はてな」の社長さんが書いた本が出ているというのは知っていましたが、私が住んでいるところの本屋さんにはこの本は置いていなく、なかなか読む機会がありませんでした。


 先日、Amazonで読みたかった本を購入するときに同時にこの本を購入しました。

 私の「はてな」への印象は、へんな会社というよりも、サービスのプログラムが細かいところまでうまく作りこまれているという印象が強いですね。
 「はてなブックマーク」をはじめ、様々なサービスを提供していますが、抜け目がないというか、細かいところに気が付くというか、サービスに対しての丁寧な作りこみが際立つ会社だなと感じています。
 これはこの本を読むと解るのですが、情報をオープンにすることを大事にしている会社であるからこそ気が付くことができるサービスなのだなと思います。

 インターネットが普及して、不特定多数の人が様々な情報を求め、様々なサービスを活用しています。
 その裏側には「はてな」のようなちょっと変わっているけど、不特定多数の意見を尊重し、それをビジネスに活用している会社があるということはこれからの時代に重要なポイントになるでしょう。

 たぶん「はてな」を知らない人が読んでも為にはなるとは思いますが、面白さは半減してしまうでしょう。是非、「はてな」のサービスを使ってみてからこの本を読むことをお勧めします。

▼外部関連リンク

▼関連エントリ

▼Amazonアソシエイト

    「へんな会社」のつくり方 (NT2X) 「へんな会社」のつくり方 (NT2X)

    近藤 淳也
    翔泳社

    売り上げランキング : 13356

    おすすめ平均 4.5

    1.0はてなとカルトとの繋がりが問題となっています。
    5.0シリコンバレーにいらしゃるKさんへの手紙・・・
    5.0ものづくりの会社
    4.0はてなの本質を垣間見る
    4.0隠せないなら隠さない

    Amazonで詳しく見る

    関連商品
    はてなの本 (NET TRAVELLERS 200Xシリーズ)シリコンバレー精神 -グーグルを生むビジネス風土 (ちくま文庫)「みんなの意見」は案外正しいウェブ人間論 (新潮新書)グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)

    posted with by Gigaz.in at 08.08.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存