iPhoneでステレオグラムとアナグリフの写真が撮れる「iStereo3D -立体写真カメラ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ


iPhone


stereo_app
 ステレオグラムとは裸眼で平行法や交差法という目の焦点をずらすことによって平面の写真を立体的にみることだそうです。
 また、アナグリフとは左右に青と赤の眼鏡をかけて一枚の写真を立体的にみることだそうです。
 私が若い時にステレオグラム写真が一時期流行りました。あれをiPhoneで作成できるのがこの「iStereo3D」です。


 このアプリは右目用と左目用の写真を一枚ずつ撮影しますが、二枚目の写真を撮る時に一枚目の写真が画面上にうっすらと表示され、二枚目の写真が撮りやすいようになっています。
 この工夫により二枚目の写真が簡単に撮る事ができます。


iPhone
   
iPhone

iPhone
   
iPhone


 また、眼鏡の左右を青と赤にするアナグリフも作成することが可能ですし、二枚の写真を交互にアニメーションさせるモードもあり3Dファンにはうれしいアプリです。


iPhone


 実際に試してみましたが、iPhoneをあまり動かないようにするには結構難しいですね。
 二枚目を撮る時に画面上に一枚目の写真の一部が表示されますが、手がプルプルしてしまって何回も撮り直しをしてしまいました。
 これは、アプリのせいではないのですが、三脚が付けられないiPhoneで3D写真を撮るのはちょっと厳しいかなと思います。

iStereo3D -立体写真カメラ- App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥200


▼関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存