「Reeder for iPad」Twitter等の各種サービスへの連携が可能なGoogle Readerクライアント【iPad】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

iPhone

「Reeder for iPad」Twitter等の各種サービスへの連携が可能なGoogle Readerクライアント【iPad】 さあiPadのアプリですがここ数日で完成度の高いアプリが次々とリリースされているような気がします。
 今回ご紹介する「Reeder for iPad」ですがiPhone版でもかなり評価が高いアプリでしたので、iPad版の完成度も気になるところです。


 iPhoneアプリのGoogle Reaerクライアントは様々なタイプのGoogle Readerクライアントが出ていて、好みのものを選ぶのに大変ですが、iPadはまだそんなに数は多くありません。そんな中、比較的機能が多いこの「Reeder for iPad」は万人受けするアプリではないでしょうか。
 特に他のサービスとの連携が素晴らしいので、情報収集ツールとしてGoogle Readerを使っている人は便利に使えるのではないでしょうか。

 特にうれしいのはTwitterとの連携機能で、自分が見たフィードをコメントや短縮URL、タイトルを加えてTwitterに投稿することができます。
 また、最近iPhoneやiPadで利用者が増えているInstapaperとの連携のバッチリなので、色々活用方法が広がりそうです。

iPhone

 アプリを起動するとGoogle Readerに登録してあるフォルダの一覧が表示されます。ピンチインするとモアっと広がります。タップでも可です。

iPhone

 画面の左側にフィードの一覧が表示されます。読みたいエントリをタップして開きましょう。

iPhone

 エントリを開くとフィードの内容が表示されます。背景が落ち着いた色でとても見やすいです。

iPhone

 エントリのタイトルを開くとアプリ内でサイトのURLを開きます。全文配信していないサイトはこの方法で読めますね。

iPhone

 画面右上のアイコンをタップすると各種ツールを使用することができます。

iPhone

 これはノートの機能を使っているところ。気になったエントリにメモを残したい時に便利ですね。

iPhone

 これはTwitterとの連携です。Titleボタン・Linkボタンを押すと自動的に挿入してくれます。

iPhone

 もちろん縦置きにも対応しています。画面のほとんどを使って表示するのですごく見やすいです。

▼アプリ情報

  • タイトル: Reeder for iPad →App Store
  • 価格: 600円
  • カテゴリ: ニュース

▼関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存