「純次のことわざブック」高田純次考案の新しいことわざが満載の電子書籍【iPhone】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

iPhone

「純次のことわざブック」高田純次考案の新しいことわざが満載の電子書籍【iPhone】 今年は電子書籍元年と言われていますが、日本ではまだまだ過渡期でメチャクチャ売れたと言われる書籍は一握りかなと思います。
 「もしドラ」あたりは電子書籍版もかなり売れたのではないかと思いますが、その次に売れているのは高田純次氏の「適当日記」ではないかと私は思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか。


 そんな電子書籍と相性のいい高田純次氏の電子書籍がまたリリースされました。
 今回は「純次のことわざブック」という力の抜けたタイトルですが、中身も力が抜けた感じの内容です。ほとんどがことわざを元にしたシモネタダジャレでことわざと言っても得るものがほとんどありません。
 しかしそこが高田純次氏の味であり、キャラクターなのだと思います。
 ひとつのことわざに対して、解説というかなんというかエピソードが書かれています。あまり教訓になりませんが、エンターテイメントの一つと考えれば十分楽しめます。

iPhone
  
iPhone

 「腐っても鯛」これは正しいことわざ。これが高田純次の手にかかると・・・。
 「臭くてもしたい」。おもいっきり下ネタ。

iPhone
  
iPhone

 次は「山椒は小粒でもぴりりと辛い」。有名なことわざですね。
 ・・・・・。

iPhone
  
iPhone

 ことわざの紹介の後にはエピソードが書かれています。あまり為にはなりません。
 電子書籍としては標準的な機能が装備されています。スライダーバーでページを進めることができます。

iPhone
  
iPhone

 しおり機能があるので、重要だと思ったページは後から読み返すことが可能です。
 目次はこんな感じ。50音順にことわざが並んでいます。

▼アプリ情報

  • タイトル: 純次のことわざブック → App Store
  • 価格: 350円
  • カテゴリ: ブック

▼関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存