MacのEvernoteでなるべくマウスを使わない方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

iPhone

 たまにはTips的なエントリーをと思い、EvernoteのTipsを書きます。


 検索してもこの方法と同じ事を書いている人がいないので、たぶんあまり知られていないのだと思います。もしかしたら当たり前すぎて書くほどでもないので他の人は書いていないかもしれませんが、私は常用しているのでこの情報をみなさんとShareしたいと思います。

▼Mac版のEvernoteではフォーカス移動系のショートカットがほとんどない

 私の本職はプログラマーなのですが、プログラマーにとってマウスというのはなるべく使いたくない存在。マウスにまで手を移動させるのが面倒くさいのもありますし時間のロスにもなります。
 キーボードだけで済ませることであれば、なるべくそれを使いたいのです。

 しかし、Evernoteでは保存や同期などのショートカットキーはあっても、フォーカスを移動させるショーカットがありません。
 しかも3ペインの画面なので、ノートブックを選んでタグを選んで、ノートを選んでと結構マウスを使わなければなりません。
 それをキーボードだけでできれば、かなり効率的になるのではないかと思ったわけです。

▼「ツールバーを隠す」がポイント

iPhone

 私の方法をするには「ツールバーを隠す」ことがポイントになります。ツールバーを隠すことによって「control + Tab」キーが自由に効くようになります。
 ちなみに「ツールバーを隠す」のショートカットは「command + option + T」で表示・非表示のトグルになります。

▼あとは「control + Tab」を押しっぱなし

iPhone

 ツールバーを隠した後、「control + Tab」押しっぱなしにしてみてください。
 左ペイン、上ペインにフォーカスが移動した後、ちょうどノートのタイトルのところでフォーカスが止まると思います。

 ここからノートの選択をしたければ「Shift + Tab」を二回押せばフォーカスを戻せますし、ノートのタグや本文にフォーカスをを移動したければ「Tab」を押していけばそちらに移動できます。

▼余談

 以上のことは人によってはマウスを使ったほうが早いと思う人もいるでしょうし、細かい操作なんかはやはりマウスを使ったほうが便利な場合も多いので万人向けではないと思います。
 ただ、この方法は「control + Tab」を押しっぱなしにしていれば「タイトル」のところでフォーカスが止まってくれるという点がキモなので、便利に感じる人は便利だと思います。

 以上で、「なるべくマウスをつかわない方法」の説明は終わりですが、これに加え、KeyRemap4MacBookというソフトを紹介しておこうと思います。
 このソフトはMacのキーボードをカスタマイズするのに非常に便利で、私はこのソフトでカーソルキーのの上下左右の代わりに「control + P,N,B,F」を割り当てています。
 なぜこんな事をするかというと、マウスに手を持っていくのも遠いと感じるのと同様、カーソルキーに手を持っていくのが遠いと感じるからなんですね。なるべく両手をホームポジションから移動しないようにしようと思うとカーソルキーも遠いと感じるのです。

iPhone

 今日はiPhoneとは関係なかったですが、iPhoneにもEvernoteアプリがあるので遠からずということでご勘弁を。

▼関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存