「Dock Dodger」Dockにアプリケーションを表示しないようにするアプリケーション【Mac】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

Dock Dodger

 今日は久々にMacのアプリケーションの話題。
 Macを使うようになってしばらく経ちます。普段使っていて、こうなれば便利なのになぁと思うことが解決するのはうれしいことです。
 今回は、常駐したいアプリケーションをDockから見えないようにするアプリケーションをご紹介します。

常駐アプリとは

 Macで常駐のアプリケーションを使っていると、メニューバーの右側にアイコンが表示されます。

メニューバー

 これはアプリケーションがメニューバーに入れるように作られてるのでこのように表示されます。

 しかし、常駐させたいのだけれども、アプリケーションが対応していないものがたまにあります。
 その場合は、アプリケーションを起動するわけですが、通常のアプリケーションと同じくDockに表示されます。
 これがなんか私にとってはエレガントじゃなく美しくないのです。

Dock

 ちなみにこのカーソルキーが書かれているアイコンのアプリケーションは、「Window Wrangler」というソフトでカーソルキーでウィンドウの移動とリサイズができるアプリケーションです。とても便利ですの使ってみてください。

Dock Dodgerを使う

 では、どのようにしたらDockに表示されなくなるかというと、「Dock Dodger」というアプリケーションを使えばDockに表示されないようになります。
 「Dock Dodger」は以下のURLでダウンロードすることができます。

 ダウンロードが終わり、「Dock Dodger」を起動させると以下のような画面が表示されます。

Dock Dodger

 ここにDockに表示させたくないアプリケーションをアプリケーションフォルダからドラッグアンドドロップしするとアプリケーションの設定が書き換わり、Dockに表示しないアプリケーションになります。

アクティビティモニタ

 ここで注意なのですが、「Dock Dodger」でアプリケーションを書き換えると、Dockに表示されないためアプリケーションを終了する方法がなくなります。
 常駐系のアプリケーションであれば、Macを終了する時に一緒に終了すれば問題ないですが、意図的に終了したい時にはアクティビティモニタを使わなくてはなりません。

アクティビティモニタ

 終了するアプリケーションを選んで「プロセスを終了」するとアプリケーションを終了させることができます。

関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存