Doit.imで始めるGTD。第3回「週次レビュー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

Doit.im

 ちょっと間が空いてしまいましたが、「Doit.imで始めるGTD」の第3回です。

 このアプリは本当に良いアプリで、最近はこのアプリに「やること」書いたタスクを入れているから「やること」を覚えていなくてもいいという安心感が持てるようになりました。

 さて、私はこのアプリを去年の12月くらいからこのアプリを使い続けています。
 いろんな仕事効率化アプリを使ってきて感じていたことで、仕事効率化アプリが自分の生活に定着するには時間がかかります。
 仕事効率化アプリって購入したときはテンションが上がっていて、よし頑張るぞと思い、数日は使ってみるのですが、そのうちアプリの起動もしなくなって使わなくなってしまいます。

 このDoit.imもそのハードルは非常に高く、GTDの仕組みが理解できていないとなかなか使い続けるには難しいのですが、まず最初はToDoアプリのように使っていっても問題ないと思います。
 そのうち慣れてきたら、タスクの分類に挑戦し、それも慣れたら週次レビューもやってみるという流れがいいのかなと感じます。

週次レビューとは?

 週次レビューとは簡単に言ってしまうと「やること」書いた「タスクの整理」のことで、いつまでもシステムの中に居座っているタスクをやるかやらないかを判断します。

 第1回で説明したをタスクを第2回で分類するわけですが、やる日付が決まっていないタスクは「次の行動」にどんどん溜まっていきます。
 余談ですが私はGTDにおいての「次の行動」というネーミングがあまりしっくりきません。「Next Action」の翻訳で「次の行動」というネーミングになったとおもいますが、日本語的には「実行保留中のタスク」というネーミングのほうが良いと思っています。

Doit.im

 上の画像が私の「次の行動」にあるタスクの一覧です。
 やろうと思っていたのにまだ実行に移っていないタスクが並んでいます。

 このひとつひとつに目を通して、このタスクをどうするか決めていきます。

Doit.im

Doit.im

 

 タスクをひとつ選んでみました。手がなかなかつけられなかったこのタスクをいつやるか決めたいと思います。
 右下のアイコンをタップすると、次の画面に移ります。
 その中の「今日」「明日」「スケジュール」のどれかを選びます。今回は「スケジュール」を選んでみました。

Doit.im

 私は3月12日にこのタスクをすることに決めました。こうすることによって3月12になると「今日」のタスク一覧に今選んだタスクが表示されるようになります。

Doit.im

Doit.im

 なお、タスクにはやろうと思っていたけどやらなくてもよくなったというタスクもあるでしょう。
 その場合、タスクが一覧表示されている画面でタスクを長押しするとポップアップアイコンが表示され、削除することができます。

 以上の操作をタスクごとに行い、タスクを最新の状態にしておきます。これが「週次レビュー」です。
 週次レビューは一週間に一度くらいやるのがベストと言われています。

おすすめの書籍

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
デビッド・アレン
二見書房
売り上げランキング: 17,101

アプリ情報

Doit.im HD App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存