「アプリに適したUIとはどのようなものか?」iPhoneの話題 vol.485

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

UI

 iPhoneが登場し、アプリのUIが注目されている。
 アプリに適したUIとはどのようなものなのだろうか?

ニュース

Webとは一味違うスマホアプリの動的UI設計は、「脱・ワイヤーフレーム思考」で【連載:えふしん?】 - エンジニアtype

Webとは一味違うスマホアプリの動的UI設計は、「脱・ワイヤーフレーム思考」で【連載:えふしん?】 – エンジニアtype

View original engineer.typemag.jp トップページ > 旬ネタ > えふしんのWebサービスサバイバル術 > Webとは一味違うスマホアプリの動的UI設計は、「脱・ワイヤーフレーム思考」で【連…

 ブラウザのUIとスマホのUIの違いについてあまり深く考えたことが無かったが、考えてみると色々と違いがあることに気がついた。
 ブラウザはマウスでクリックできる場所にマウスポインタを持って行くと指の形にカーソルが変化し、そこがクリックすることができることがわかるが、スマホのUIにはそれがない。
 したがって、スマホはここがタップできるというのは見た目でわからないと、ユーザーにそこがタップできることが伝わらない。

 この違いは結構大きく、スマホの場合、タップ出来る場所が画面のいたるところにあるとユーザーが混乱してしまう。
 なのでアプリを起動させた時に表示させる画面は、できるだけボタンの少ないすっきりした画面が適しているのだろう。

 FaceBookアプリの画面の左上のボタンをタップするとメニューが表示されるUIは、上記の点を考えると、メニューは普段隠れていて必要な時に呼びだすというUIは非常に優れたUIであると言えるだろう。

 ここ最近になって思うのだが、iPhoneのSafariのUIはそろそろ変えていい頃じゃないかと思っている、悪くはないUIだが、少々流行りに乗り遅れている感がある。
 ブックマークの呼び出しもFaceBook的なUIにしてもいい頃ではないだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存