「日本では開始されていないサービスのネックになっているものは?」iPhoneの話題 vol.488

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

iTunes Match

 iPhoneに関するサービスで、日本では開始されていないサービスが少なからずある。
 その原因となっているのは何なのだろうか?

ニュース

【レポート】日本では始まってないiPhoneのサービスには何がある? いつ始まる? (1) 日本ではまだ始まっていないiPhoneのサービスその1 | 携帯 | マイナビニュース

【レポート】日本では始まってないiPhoneのサービスには何がある? いつ始まる? (1) 日本ではまだ始まっていないiPhoneのサービスその1 | 携帯 | マイナビニュース

View original news.mynavi.jp iOS 6とiPhone 5の登場から約半年、新機能も語り尽くされてきた頃だが、まだ日本にはお目見えしていない機能/サービスがいくつかある。ここでは、それら「日本では始まってないiP…

 アメリカではサービスが開始されているのだけれど、日本ではまだ始まっていないiPhoneのサービスっていうのが数少なくない。
 「iTunes Match」はもうじきスタートするという噂があるが、日本で始まった場合、参加するレコード会社は少ないんじゃないかと私は思っている。

 同様にiTunes Storeでの「ブック」も近々スタートするという噂があるが、これも参加する出版社はごく少数だと思う。

 アメリカではスタートしているのに、日本ではスタートしないサービスの裏には権利関係の構図があり、それがユーザーの利便性を損なわせている。

 iPad等のタブレット端末が登場したことで、三、四年前、「電子書籍元年」などとマスコミが囃し立てた。
 しかしその後、電子書籍は一般化せず、業を煮やしたユーザーは自分の所持している本をスキャンして取り込む、いわゆる「自炊」という方法を取った。
 出版社が真剣に電子書籍に取り組み、それなりに電子書籍が普及していればユーザーは「自炊」なんて行為はしない。
 出版社はこのことをどう思っているのだろうか?

 「iTunes Match」にしても、日本でなかなかスタートできないのはレコード会社がAppleが提示している事になかなか首を縦に振らないためであろう。
 お金の配分の割合だとか、企業にとっては難しい問題ではあると思うが、「iTunes Match」に参加してみて色々わかってくることもあるだろう。
 やってみないで自分の権利ばかり主張していても現状は変わらない。

 CDの販売が下火になり、iTunes Storeでのダウンロード販売が主流になった今、少し考え方を買えなければ音楽業界もこのまま下降線を辿っていくだけであろうと私は思う。

 アメリカでは開始されているけど日本では開始されていないサービスの主な原因は、権利にしがみつく企業の抵抗なのだと私は思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存