「iPhoneの内部基盤の進化が素晴らしい」iPhoneの話題 vol.501

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

iPhone 5S

 iPhoneの中身は滅多なことでお目に書かれないが、この記事の写真を見ると、外側だけではなく、内部もシンプルで美しいことがわかる。

ニュース

【レポート】進化の歴史が一目瞭然! 歴代iPhoneを分解して並べた (1) 美しいとさえ感じられるiPhoneの中身 | 携帯 | マイナビニュース

【レポート】進化の歴史が一目瞭然! 歴代iPhoneを分解して並べた (1) 美しいとさえ感じられるiPhoneの中身 | 携帯 | マイナビニュース

View original news.mynavi.jp 歴代iPhoneの中身を見比べたとき、進化の歴史は感じ取れるだろうか。編集部ではiPhone/iPadなどの修理を手がける修理工房SMARTにて、iPhoneシリーズを解体する様子を…

 iPhone 3Gを初めて手に取った時には、こんな小さいものに色々な部品が詰まっているんだと、見えもしない中身を想像していろんな角度から眺めていた。
 iPhone 5を使っている今、久しぶりにiPhone 3Gを手に取ってみると結構厚さがあるなと実感できる。

 この記事のiPhoneの内部写真を見ると、iPhone 3GからiPhone 5になるにつれてシンプルになっていくのがわかる。
 しかも、内部の空間のバッテリーの割合がかなり大きいことも確認できる。そう考えると、iPhoneの歴史というのは部品の小型化の進化と、バッテリーのスペースをどう確保するかの歴史なんだと理解できる。

 ここ数年でバッテリーがどのくらい進化したのかは解らないが、バッテリーの小型化が今後のiPhoneの進化になっていくのだろう。バッテリーが小さくなれば薄くすることが可能となるし、重量も軽くなるからだ。

 そう考えると、最近のスマートフォンの大画面化は、画面を大きくして見やすくするという意味もあるが、バッテリーのスペースが確保しやすいという意味もあるのではないかと思ってしまう。

[D] Logitech Ultrathin Keyboard Mini ~ iPad miniがMacBook miniになる感覚  - Drift Diary XV

[D] Logitech Ultrathin Keyboard Mini ~ iPad miniがMacBook miniになる感覚 – Drift Diary XV

View original blog.drikin.com MacProのリプレースを検討するために久々にMarinaのAppleStoreに立ち寄ったところ、iPadで評判の高いロジテックのUltrathinキーボードのiPad mini…

 私の最近のiPadの使い方は、布団に入って、胸の上にiPadを横向きに立てて動画を見たりYoutubeを見たりと、ほとんど動画再生用のデバイスとなってしまっているが、このiPad mini用のキーボードを見てしまうとiPadが色んな用途に使えそうでワクワクしてくる。

 iPad miniでブログを書いたり、Macにリモートで繋いだりしたら楽しいんだろうなと思いつつも、第2世代のiPad miniが出るまでiPadは我慢しようと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存