iOS 7とWindows 8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

Windows8 iOS 7

 私は仕事でWindows 8を使ったことがある。
 Windows 8ではModern UIというフラットデザインが使われていて、OSの見た目が一新された。

Windows 8のUI

 Windows 8を初めて使った時に操作に戸惑った。
 戸惑ったのはスタートボタンが無くなったからなのだが、Windowsのお約束のスタートボタンが無くなるというだけでこんなに使いにくいものになるのだというのを実感した。

 Windows 8では画面の左下にマウスを持っていけばスタート画面が表示されるのだが、このことはあらかじめ知っておかないとこの表示方法はわからないだろう。
 同じく、チャームと呼ばれるツールバーのようなものを表示して様々なことができるが、これもマウスを右上に持って行くと表示される。
 これもあらかじめ知っていないと表示方法がわからないだろう。

 これらの操作は「マウスを画面の端に持っていく」というUIなのだが、ゴチャゴチャ操作してみてユーザーが発見しなければならない。画面をパッと見ただけではわからないUIであると言える。

 私からすれば、タブレット用のUIとデスクトップ向けのUIを統合するために、やむを得ず採用したUIであるとしか見えない。
 逆に言えば、中途半端なUIであると言える。

Windows8

iOS 7のUI

 さてiOS 7であるが、将来のOS Xとの統合があるかもしれないが、現時点ではタッチパネル専用のUIである。
 その点、Windows 8と違いマウスで操作することを考えなくてもよい。

 タッチパネル用のUIで重要なのは、画面のどこがタッチできるかを画面上で表現することだ。
 iOS 6まではこれらをボタンで表示してきた。私はiOS 6のテカテカとしたUIが好きではあるが、デザインが若干古くなってきた。

 iOS 7ではフラットデザインを取り入れたが、これらをどのようにクリアしたのか。

iOS7

 iOS 7では背景の白をふんだんに使い、それ以外の色の部分はなんらかのアクションがあるという方法を用いている。上の画像では青い部分を押せばなんらかのアクションがあるということが画面を見た時にわかるという仕組みだ。

 シンプルでミニマムなUIとなるとこのようになるのだろうが、iOS 6に比べわかりにくいことは確かだ。
 このUIがどれくらいユーザーに受け入れられるかは未知数ではあるが、この方向性は今後も続いていくのだと思う。

最後に

 私が考えるに、フラットデザインのUIというのはまだまだ模索中で、これだという決定的なものはまだないのだと思う。
 Windows 8もWindows 8.1をリリースする予定であるし、iOS 7もまだベータ版だ。
 どちらもユーザーからのフィードバックを受けて少しずつ改善していき、使いやすいUIに徐々に進化していくのだと思う。

 フラットデザインはまだ私達には馴染みのないUIであるので、戸惑うことも多いと思う。
 一年後、我々がフラットデザインに慣れているかどうか楽しみでもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存