Bluetooth FMトランスミッターの「JF-BTFMAXK」を買った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

JF-BTFMAXK

 つい最近、中古車ではあるが車を購入した。
 その中古車のカーオーディオには、カーナビやDVD再生やラジオはあるのだが、iPhoneやiPodを接続する機能はない。
 カーオーディオの部分を全取っ替えし、iPhoneが接続できるカーオーディオを買えばいいのだが、ナビの部分がもったいないのでカーオーディオの部分は全て残すことにした。

 残る方法は、FMトランスミッタでFMラジオに電波を飛ばして聴く方法だ。
 これであれば、カーオーディオ部分はそのままでiPhoneの音楽を聴くことができる。

 ただ、これにも問題がある。
 iPhoneのイヤフォン端子の部分に端子を接続しなければならない。これは非常に面倒だ。なにか良い商品がないか探してみたところ、BluetoothでiPhoneと接続し、FMトランスミッタでFMラジオに電波を飛ばすという商品があった。
 それが、「J-Force Bluetooth FMトランスミッター ( AAC / aptX対応 ) ブラック JF-BTFMAXK」だ。

JF-BTFMAXK

 この商品の素晴らしいところは、ケーブルを一切使わないということだ。
 iPhoneからこのトランスミッターまではBluetoothで無線通信だし、トランスミッタからFMラジオまではFM電波なので何も接続しなくてもいいのだ。
 箱に簡単な概要図が載っていたので掲載しておこう。

JF-BTFMAXK

 この商品は、車のシガーソケット部に差し込んで使う。
 丸い頭の部分は角度を変えることができる。また、充電用のUSB端子がある。

JF-BTFMAXK

JF-BTFMAXK

JF-BTFMAXK

 一度Bluetoothのペアリングをしてしまえば、その後はiPhoneを近くに置いておけば勝手に接続される。ズボンのポケットの中に入れておいてもOKだ。
 便利だと思ったのは、車のエンジンを切って、トランスミッタに電気が行かなくなればiPhone側の音楽も自動に再生が止まる点だ。
 Podcastも同様に再生が停止される。そしてまたエンジンをかけてトランスミッタに電気がいくようになると、自動的に再生が開始される。

 さて、ここまではいいことばかりを書いてきたが、若干難点もある。
 FMトランスミッタなので、それほど音がクリアではない。Podcastのようなしゃべり中心の音声は全然気にならないが、音楽は音にスカスカ感が出てしまう。
 音楽にこだわる人にはあまりお勧めはできないと言わざると得ない。

 ただ、このトランスミッタひとつでiPhoneの音声を車で聴けるというのはお手軽だし魅力的な商品だと言える。
 気になる人は試してみてはどうだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存