iPhone 5sの64ビット化について思うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

64ビット

 先日Appleのイベントで驚いたことのひとつに、iPhone 5sが64ビットになったことがある。
 事前のリーク情報ではA7チップが64ビットだという話はなかった。なので私は驚いたのだ。

 iPhone 5からiPhone 5sの流れで64ビットに変わったというのはちょっと違和感がある。むしろ、iPhone 5sからiPhone 6というようなメジャーアップデートで64ビットに変わるというほうがしっくりくる。
 なぜAppleは64ビット化を急いだのだろうか。

 ゲーム以外のアプリで64ビット化の恩恵を受けられるものはそんなにないのではないだろうか。
 むしろ、32ビットから64ビットになることへの弊害のほうが大きいかもしれない。
 iPhone 5sでブルースクリーンが頻発するという不具合は、32ビット用に作られたアプリを64ビットで動作させる時の弊害かもしれない。

 Appleがこのタイミングで踏み切ったのは、iPhoneを64ビット化したかったというよりも、iPadの64ビット化を早くしたかったというのが主な理由ではないだろうか。
 ポストPCと言われているiPadの性能を上げ、iPadの確固たる地位を確保したいというのがAppleの戦略ではないだろうか。

 今後64ビット対応のアプリが増え、もっと不雑なことができるようになるとPCは不要となり、iPadがポストPCではなくメインとなる。そんな戦略をAppleは立てているように思える。

なぜiPhone 5sは64ビット化を果たしたのか。その効果と未来とは? - たのしいiPhone! AppBank

なぜiPhone 5sは64ビット化を果たしたのか。その効果と未来とは? – たのしいiPhone! AppBank

AppBank の主任です。Apple の発表によれば、iPhone 5s は世界で初めての64ビットのスマートフォンです。どこが64ビットなのかというと、iPhone 5s に搭載されている「A7」の CPU が64ビットで、iOS 7 …

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存