「ガラケーと車選び」iPhoneの話題 vol.680

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 169
広告1 レスポンシブ

ガラケー

ガラケー、未だ死せず! iPhone無双の売れ筋ランキングで、唯一気炎を上げる京セラ「グラティーナ」 - ライブドアニュース

ガラケー、未だ死せず! iPhone無双の売れ筋ランキングで、唯一気炎を上げる京セラ「グラティーナ」 – ライブドアニュース

すっかり見慣れたランキングに異変が。ただでさえ日本では大人気機種のiPhone、新型の5s/cでは主要3キャリア全てが取り扱うようになって販売台数のランキングでは上位を完全にiPhoneファミリーが独占するなんて光景も当たり前のように見受け…


 私のような40歳過ぎのオッサンのように、社会人になった後に携帯電話が一般化した世代からすると、携帯が無い時代を知っているので、スマホをいじっている人があちこちにいるのを客観的に見ると、ちょっと異常に見えることもある。

 私は昔からパソコンが好きだったのでスマートフォンを使うことは苦にならないが、同世代の人たちはスマホが一般化して、スマホのことが結構わからないことが多いのではないかと思う。

 40歳を過ぎて、年々覚えることが面倒になってきたことは確かだ。
 興味の無いことには手を出さなくなってきたし、関心の無いことはとことん関心がない。

 そんな私と同世代の人で、スマホやパソコンに興味のない人はガラケーで充分なのだと思う。
 電話がかけられればいい。

 この気持ち凄くわかるのだ。

 この夏、車を買ったのだが、私は車には興味がない。

 通勤に使うだけだからなんでもいいやと思っていたが、高いお金を払って買うのでしょうがなく貧乏症の私は色々車のことについて調べた。
 ちょっとだけ調べればよかったのだが、どの車もイマイチな面が見えてきて、なかなか決められなかった。
 この時は調べることが苦痛であったし、楽しくはなかった。

 結局、車は形で選んだ。
 燃費とか乗り心地とかは全然考慮せずに、かっこいいかそうでないかという基準で選んだ。
 興味のないことに関しては考えるのが面倒なのだ。

 そう考えると、iPhoneのスペックとAndroindのスペックを比較してどうのこうのと言っているのは、スマホに興味のない人にとってはどうでもいいことで、電話がかけれればいいというわかりやすいものがガラケーということになる。

 なのであえてガラケーを選ぶ人の気持ちが凄くわかるのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存