iPhone 5のSIMをSIMロックフリーのiPhone 5sに刺して運用するといくらくらいになるか計算してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

SIMロックフリー

 おととい、AppleがSIMロックフリーのiPhoneを発売した。

 iPhone 5sが欲しいが、iPhone 5で我慢している私としてはかなりの朗報だ。
 なぜかというと、iPhone 5に刺しているSIMがSIMロックフリーのiPhone 5sで使える可能性が高いからだ。
 これであれば、iPhone 5の二年縛りの残りの1年を有効に使える。

 そこで下記の計算をしてみた。iPhone 5もiPhone 5sも32GBモデルで計算している。

 まずはSIMロックフリーiPhoneではなく、ソフトバンクiPhone5からソフトバンクiPhone 5sに機種変更した場合(キャリアの縛りあり)

 iPhone 5の残債:2570円/月 × 12ヶ月 = 30,840円 ← A
 iPhone 5sを一年間使った場合 7,775円/月 × 12ヶ月 = 93,300円 ← B
 iPhone 5sを一年間使った場合(二年目) 7,775円/月 × 12ヶ月 = 93,300円 ← C

 A + B = 124,140円(一年目のみ)
 A + B + C = 217,440円(二年間)

 以上より、今後1年間支払う金額は 約12万円となる。
 なお、一年後はまだiPhone 5sの二年縛りは継続中で、その後二年目も一年間で93,300円支払うことになる。

 次に、iPhone 5に刺さっているSIMをSIMロックフリーのiPhone 5sに刺して使う場合。

 iPhone 5のSIMの支払い。7,280円/月 × 12ヶ月 = 87,360円 ← D
 iPhone 5s本体(SIMロックフリー)81,800円 ← E

 D + E = 169,160円(一年間)

 以上の金額を見ると、いずれにしても高い。
 SIMロックフリーが出たからと言って、iPhone 5のSIMを差し替えて使うというのはそんなにお得ではないことがわかる。

 ここはiPhone 5の残債の支払うまでiPhone 5を使い切り、来年、iPhone 6が出た時にiPhone 6に機種変したほうが良い。
 今年、iPhone 5sのSIMロックフリー版が出たということで、来年もSIMロックフリーのiPhone 6も早い段階で登場するだろう。
 その時は、格安SIMで運用することも選択肢に入るだろうから、来年じっくり考えようということだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存