離れたMacの電源を落としたりスリープ状態にすることができる「iShutdown」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

IMG 1201

 私はよくMacを使ってradikoを録音している。
 録音している時はMacを放置していることが多い。

 番組の録音が終了した時にMacが自動的にスリープ状態になればよいのだが、私の使っている録音のアプリケーションはそれに対応していない。
 なので、わざわざMacのところまで行き、手動でスリープ状態にしていた。

 しかし、最近「iShutdown」というiPhoneのアプリがあることを知った。
 このアプリは同じLAN上にあるMacの電源を落としたり、スリープ状態にすることができる。
 つまり、手元にiPhoneがあれば離れたMacの電源の操作ができるのだ。

 前提条件としては、MacとiPhoneが同じLAN上にあることと、Macに常駐ソフトを入れておくことだ。

 Macにインストールしておく常駐ソフトウェアは以下からダウンロードできる。

 Macにインストールすると以下のようにステータスバーにアイコンが表示される。

140525 0001

 iPhoneのアプリの画面は以下のようになる。日本語がちょっとおかしいが意味はわかるので問題ない。

IMG 1195

IMG 1197

IMG 1198

IMG 1196

iShutdown – シャットダウン, 再スタート, ウェイクオンラン МАС, РС App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥200

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存