「活き活きとしていたクレイグ・フェデリギ」iPhoneの話題 vol.863

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

140604 0001

 昨日の夜、WWDCのKeynoteの様子を動画でじっくり見た。

 クレイグ・フェデリギが活き活きとプレゼンテーションをしていたことが印象に残った。
 クレイグ・フェデリギとは、上の写真の昔のイケメンのような風貌を持ったソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長のことだ。

 数年前のOS Xのプレゼンでは、ちょっとオドオドした印象があったが、今回のWWDCでは堂々とし、活き活きとしていた。
 気分屋だと言われていたスコット・フォーストールに代わり、クレイグ・フェデリギが今のiOSとOS Xを担当している。

 iOS 8では目を引く新機能はなかったが、派手なものより地味な改良のほうがクレイグ・フェデリギは得意なのかもしれない。

ニュース

アプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存