iPhone 6を使ってみて思ったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

IMG 1973

 昨日の午前中にiPhone 6が届いた。
 発売日に入手した人に二日遅れて実物を目にした。
 iPhone 4やiPhone 5を買った時ほどの感動や驚きはないが、新品を目にする嬉しさはあった。

 第一印象は「デカい」だ。
 iPhone 6でデカいと思っているのだから、iPhone 6 Plusはもっとデカいんだろうなとも思った。

 セットアップを終わらせて、最初の数時間はすごく違和感があった。
 iPhone 6では画面が大きくなった分、iPhone 6の解像度に対応していないアプリは文字がでかくなる。
 その大きな文字がなんかちょっとバカっぽく見えて、あまりスマートではない。
 これは、アプリ側が新しい解像度に対応するにつれて減っていくと思うので、徐々に良くなっていくだろう。

 私はiPhone 5からiPhone 6への機種変更なので、iPhone 5Sで導入された指紋認証のTouch IDは初めての経験となる。
 自分の指の指紋を登録し、ロック解除等に使用してみたが、なかなかいい感じだ。
 これでセキュリティーが高くなるのだから、いい仕組みだと思う。

 そしてiPhone 6ではスリープボタンの位置が、本体右へと変更になった。
 いままでのクセでiPhoneをスリープさせる時に、どうしても指を本体の上に持ってきてしまう。
 これは、慣れるしかないなと思っている。

 一日iPhone 6を使ってみて、今まで使っていたiPhone 5を手に持ってみた。
 すると、iPhone 5がすごく小さく感じる。こんなに小さかったっけという感じだ。
 多分iPhone 6の大きさにもう慣れてしまったのだと思った。

 総評すると、iPhone 6は革新的ではないが不可でもなく、無難なところに収まった感じのする製品だと思う。
 今、iPhone 5を使っている人は是非iPhone 6に変えるべきだと思うが、iPhone 5Sを使っている人はもう一年待って、次のiPhoneにしてもいいと思う。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存