iPhone 6のWi-Fi接続の不具合を改善させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

140923 0001

 iPhone 6にしてから、Wi-Fi接続の調子が悪くなった。
 Wi-Fiに繋がらないわけではないが、なにか引っかかるような感じになって、今までどおりスムーズに読み込まなくなった。
 ネットで調べてみると同じ症状の人もいて、これはiPhone 6もしくはiOS 8の不具合なのだと思う。

 色々なネットの情報を総合すると、これが決め手だという解決方法はないものの、改善されたという方法があったのでここで書いておこうと思う。
 ただし、ネットワークの設定に詳しくない人は、この方法を試さないで欲しい。なぜならこの方法の後半のIPの設定は、ネットワーク環境によって違ってくるからだ。
 自分で、静的IPが分かる人だけ試してほしいと思い。

 方法であるが簡単に書くと、ネットワークの設定をリセットして、DHCP接続をしないで静的IPで接続するというのがその方法だ。

IMG 1996

 設定 → 一般 → リセットと進む。

IMG 1997

「ネットワーク設定をリセット」を選ぶとiPhoneが再起動される。

IMG 2002

 再度、設定に進み、Wi-Fiの設定画面に行きWi-Fi接続し、「i」のアイコンをタップする。

IMG 2001

 画面上部のタブで「静的」を選択し、IPアドレス、サブネットマスク、ルーター、DNSの値を手動で入力する(これらの値は使っているネットワーク環境によって違うので注意)

 以上の設定で私のWi-Fi環境は改善された。

 今回のWi-Fiがちゃんと繋がらないという不具合であるが、手持ちのiPhone 5では生じていないので、iPhone 6とiOS 8の複合的な不具合だと思われる。
 おそらく次のOSのアップデートで修正されると思うが、それまで待てないという人はこの方法を試して欲しいと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存