実質0円はやっぱり高い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

71XOknfs8NL

 新しいiPhoneが発表され、予約受け付けが開始された。
 iPhone 6を購入する予定の人が気になるのは、ズバリ料金だと思う。
 キャリアの三社は「実質0円」と、いかにも安いような宣伝文句を掲げているが、本当はiPhoneは高いのだ。
 iPhoneに限らず、スマホは高いという認識を持っておいたほうがいいと思う。

 今回、iPhone 6とiPhone 6 PlusはSIMフリーモデルも発売される。
 SIMフリーモデルとは、通信キャリアはどこでもいいiPhoneのことで、本体価格に通信料金は含まれていない。なので純粋なiPhoneの本体価格を知るにはSIMフリーモデルの価格を見れば分かる。

 Appleのオンラインストアでは16GBモデルのiPhone 6が税込 73,224円(税別 67,800円)である。

 SIMフリーモデルではなく、ソフトバンクと契約し、二年間支払う金額を計算してみよう。
 計算を単純にするために、各キャンペーンの割引は考えないものとする。
 また、スマ放題に契約し、最低価格のデータ定額パックの2Gで二年間契約するものとする。

 本体価格 0円(実質0円)
 基本使用料 2,700円(スマ放題)
 S!ベーシックパック 300円
 データ定額パック(2G) 3,500円
 合計 6,500円 — ①

 したがって、毎月6,500円支払うことになり、二年間だと合計156,000円をソフトバンクに支払う。

 普通に考えて15万円は高い。
 実質0円と言っているが、二年間で15万円払うのだ。

 iPhoneの本体価格はSIMフリー版の価格を参考にすると、73,224円 / 24ヶ月 = 3,051円
 3,051円が月額のiPhoneの価格だと考えると、①より 6,500円 – 3,051円 = 3,449円となる。

 つまり、実際の通話料と実際の通信料の合計は3,449円であるが、本体代を0円に見せかけるために、本体代の3,051円を通話料と通信料に上乗せしているのである。

 私はこの「実質0円」という表記をやめて欲しいと思っている。
 わかりにくいことはもちろんであるが、製品の値段が高いか安いかの判断がしにくくなる。

 最近のテレビの通販番組でも、パソコン500円 + EMOBILE(2年間)なんていう商品が出てきている。これではパソコンがいくらするものなのかわからない。
 この実質0円商法は、キャリアにはメリットはあるが、ユーザーにはなんのメリットもない。
 そろそろ、行政からの指導があってもいい頃ではないかと私は思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存